兵庫150thアニバーサリーワイン・赤

1,620円(税込)

容量: 720ml
度数: 12度
飲み頃温度: 14〜16度
タイプ: ライトボディ
原料ブドウ品種: 神戸産カベルネソーヴィニヨン、メルロ
その他原材料: 酸化防止剤(亜硫酸塩)
日本ワイン

平成30年7月12日兵庫県は誕生150年を迎えます。兵庫県産ブドウで作ったアニバーサリーワインです。

【特徴】

摂津産(神戸市北区)、播磨産(神戸市西区)のブドウを使用。
イチゴやカシスの甘い香り。ぶどうを食べた時のような凝縮した果実味を感じることができます。

【味わい】 
メルロの華やかな香りとカベルネ・ソーヴィニオンのボディ感が優雅に調和した味わいです。

若々しい酸味となめらかなタンニンが残るので、赤身の肉や香辛料を利かせた中華料理などとお楽しみいただけます。
ライトな口あたりで赤い果実を想わせる華やかな香りが特長。
やわらかなタンニンが心地よく上品な味わいです。

【おススメ・マリアージュ】
赤身の肉や香辛料を利かせた中華料理

【兵庫150thアニバーサリワインのひみつ】
兵庫五国のうちの二国である摂津産・播磨産のブドウを使用した「兵庫県150年記念ワイン」。

神戸ワインでは、兵庫五国のうちの二国である摂津産・播磨産のブドウを使用した「兵庫県150年記念ワインです。

兵庫県は、旧暦の慶応4(1868)年、神戸港開港から6カ月後の5月23日(新暦7月12日)、世界に開かれた神戸港の後ろ盾として誕生しました。
当初は神戸港とその周辺に点在した旧幕府領を管轄するごくごく小さな県でありました。
それから8年後の明治9(1876)年、近代化をけん引する神戸港の基盤をさらに固めるために、摂津・播磨・但馬・丹波・淡路の五つの国が一つとなって、広大で個性豊かな雄県兵庫となりました。

兵庫の歩みを振り返り、新たな課題に臨む150年の節目に、次なる150年に向けて夢や希望に満ちた兵庫の未来を地元のワインで祝いませんか?










イメージはありません。